防音工事と錆びたシャッターボックス

ひどい錆です

築13年ほどのわが家の見た目を、その築年数以上に下げているのが、庭に面した窓についている錆びたシャッターボックスです。 海に近いから錆びるのはわからなくもないのですが、ほかの部屋の窓についているシャッターボックスは錆びていないのです。 なぜなのでしょう? 海側の面だからでしょうか? その疑問がある日、意外なところで判明したのです。 それは某エンジニアリング会社の品質管理の講習会でした。 塩害の影響は、軒の下にあるものが受けやすいそうなのです。 そう言われるとわが家の錆びたシャッターボックスは2階のベランダの下についています。 海からの塩分を含んだ風が家にぶつかり、壁やシャッターボックスなどに塩 … “防音工事と錆びたシャッターボックス” の続きを読む

ルーフバルコニー防水の再塗装 -仕上げ-

タケトップ 仕上げ塗り

ルーフバルコニー防水のトップコートの再塗装の話の続きです。 プライマーの塗布を昨日終えた翌朝です。 心配していた夜露は、扇風機が効いたのかどうかは定かではありませんが、おりていませんでした。 作業を開始しましょう。 塗布する材料は竹林化学工業株式会社製のタケトップです。 塗る前によく撹拌するようにと注意書きがあるので撹拌しましょう。 攪拌は壁紙ののりを作る時に使っている、プロペラとインパクトのコラボです。 本来はトルクの大きな、低速ドリルで行うべき作業ですが、わが家にあるドリルはこのインパクトだけなので、だましだまし使います。 よく混ぜ終えたら、まずは立ち上がりの部分を塗ります。 塗るのに使っ … “ルーフバルコニー防水の再塗装 -仕上げ-” の続きを読む

ルーフバルコニー防水の再塗装 -下地処理ー

ローラーと延長ロッドでらくらく塗布作業

ルーフバルコニーにウッドデッキタイルを敷こうと思っていました。 そこで、今まで敷いてあった昔ながらの硬いプラスチックの人工芝風タイルをはがしたのですが、その下からあらわれたのは細いヒビのはいったモルタル面でした。 これはこのままでいいのか? このままウッドタイルを敷いたら、きっと何年もそのままでしょう。 手を入れておくなら今がチャンスではないでしょうか? チャンスでしょう。 ということで塗装をすることにしました。 問題はなにで塗装するのかということです。 塗料の種類は大きく分けてふたつ。 油性か水性です。 感覚的には油性の方が耐久性にすぐれている気がしますが、施工時の臭いが近所迷惑になるかもし … “ルーフバルコニー防水の再塗装 -下地処理ー” の続きを読む