階段の壁紙を張り替えました -足場が大事-

階段足場

壁紙の張替えを週末ごとにすすめて、1階廊下、玄関を完了させました。 ついに難しそうな階段の張替えを始めます。 階段に踏み台が置けるように、移動できる大きさの足場を作りました。 材料は以前棚として活躍していた2×4材です。 ポイントは、階段が回り込み踏板が三角になる部分でも置ける大きさにつくったところです。 おかげで、マックスな大きさにできませんでした。 そのツケがこの動画を見ていただければわかると思います。 階段足場の動画です。 ご覧いただいたように、少々不安定です。 労働安全衛生規則に抵触しそうな匂いがぷんぷんしてきます。 1階から2階はこの足場と踏み台を使って作業完了。 初めての階段壁紙張 … “階段の壁紙を張り替えました -足場が大事-” の続きを読む

壁の穴を補修 リビング編

ボードを補修 パテうってます

リビングの壁紙を張り始めます。 古い壁紙をはがす作業はもちろんのこと、やっておかなければいけないのが、壁にあいたむだな穴の修復です。 これは手の空いた嫁にやってもらうことにしました。 まずは穴の整形です。 これはぼくがやりましょう。 修復方法は、穴の裏に下地となる木材、赤松のインニッサンと呼ばれるサイズのものをいれ、そこにボードを張ります。 なので、あまり小さい穴だと手が入らないので、そこそこの大きさに、そしてふさぐボードをつくりやすいように、長方形の穴にします。 穴の整形が終わり、下地の木材をいれたところで嫁とバトンタッチです。 穴の大きさを測って、自分でボードを切り出しなさい。  切り出し … “壁の穴を補修 リビング編” の続きを読む

難易度Max 1階のトイレ その5

なんとか2枚目の位置が決まったところで、左へ左へと撫でつけていくと、角を超えた後に窓があります。 難易度いきなりMAXな感です。 窓はとりあえず額縁(窓のまわりの木の枠)に壁紙を仮に張ってしまいます。 窓にかかっている不要な部分をざっくり切り取ります。 そして額縁の頂点を指で確認して、そこから窓の中心方向に切り込みを入れます。 すると今まで額縁にかかって浮いていた壁紙が、壁に張りつくようになります。 額縁と壁との隅に壁紙をぐいぐい押し込みつつ下へ下へと決めていきます。 なんとかできたぞぉ 2枚目の位置が決まり余分を切断、初めての重ね切りです。 重ね切りとは、壁紙の継ぎ目を重ねて張って、重ねた部 … “難易度Max 1階のトイレ その5” の続きを読む

壁紙張りの道具 1階のトイレ その4

「トイレというのは、壁紙張りのいろいろなエッセンスがつまっている上に、失敗しても目立ちにくいから初心者に向いている」 そうなのか? 狭くて無茶苦茶作業しづらいんですけど。  壁紙をどこから張り始めるべきなのかということに、詳しく言及しているサイトは多くありません。 どこから張ればいいかはわかりませんが、右利きの人は左へ左へと張っていくそうです。 壁紙をはがしたあとを観察すると、どこから張り出したかがなんとなくわかります。 このトイレはトイレの中からドアの方を見て、左の角から張り出しているようです。 プロがそうしているのですから、シロウトはそれにならっておけばよいでしょう。 長いものには巻かれろ … “壁紙張りの道具 1階のトイレ その4” の続きを読む